中古の注意点

トナー中古のコピー機を購入する際の注意点について紹介しましょう。コピー使用枚数についてチェックしましょう。これまでに一体何枚コピーしてきたのか、その累計の枚数を確認するのです。かなりの枚数に達している場合は相当劣化している可能性があるため注意しましょう。内部の部品が劣化して使いものにならないと部品を交換しなければいけません。それだと新品のコピー機を買った方が安かったというケースもあります。感光ドラムやトナーもチェックしておきましょう。

保守契約についてもチェックしましょう。メーカーが保守可能してくれる機種なのか、どのくらいの料金がかかるのかを調べておきましょう。基本的に保守契約の期間は販売終了してから7年となっています。これよりも古いものは買わない方が良いでしょう。古くなるとどんどん値段が下がっていくのですが、使いものにならなければ意味がありません。

また、実際にコピー機を買ったあとにそれを輸送もらうための送料についてもチェックしましょう。送料が意外と高くかかってしまうというケースもあります。オプション装備をつけてもらえるのかもチェックしましょう。

以上の点に気をつけて中古のコピー機を選びましょう。良い買い物をしてください。